病院見学

研修医みたいだけれども

以前から

見学したいと思っていたクリニックへ

お邪魔してきた。

 

さめじまボンディングクリニックである。

 

養子縁組など独自の取組で有名だと知ったのは数年前である。

うちのクリニックからもわりと近い(実家の近く)なのでいつかご縁があれば一度、伺いたいと考えていた。

 

偶然にも

当院のサロンの

エステティシャンが鮫島ボンディングクリニックでも施術をしているということで間を取り持っていただいた。

 

事務長とともに

懐かしの熊谷へ。

 

施設が綺麗なのは

今の時代当然なのでそんなに

驚かないけれど

我々を案内してくださった

スタッフの方々は

大変情熱的で

鮫島院長の理念を体現

しているようであった。

 

f:id:bermudasanfujinka:20200916230422j:image

熱烈歓迎ありがとうございます。

 

 

特定妊婦さんに対する

養子縁組の支援など

とても参考になるお話を聞くことができた。

 

 

なんなら我が家も養子縁組しようかと思ったけど

うちは年齢制限にひっかかった。

 

個人的には難しいが

今後クリニックとしてお手伝いできることがないか

模索していきたい。

 

しかし迷子になりそうな広大なクリニックである。

 

これを建設し増築し

院長のアイデアを形にしている

事務長の奥様や

看護師、事務の方々が素晴らしい。

 

特に事務長さんの

ご苦労は大変だろうと推察する。

 

当院の前理事長の奥様も

事務長という肩書こそ

雇われの職員に使わせていたが

孤独で厳しい仕事に奮闘していた。

 

外から勝手をいうのは

責任ない立場の腰が引けた

人間だが

クリニックを経営するというのは

一筋縄ではいかないと

最近

身に染みている。

 

それでも正しいことが

できるか

試されるのだろうけれど

さめじまボンディングクリニックの

皆さんを

見習い頑張りたいと思う。

 

f:id:bermudasanfujinka:20200916231444j:image

満面のピースサイン、マスクしてるけど

 

写真を撮らせていただいた。

葉加瀬太郎ではありません。

又吉直樹でもありません。

マーティンフリードマンでもありません。)

 

我々の帰り際に

忙しい診療の合間を縫って鮫島先生も

出てきてくださった。

 

こちらに向かって歩いてこられる鮫島先生は

バイタリティの塊のようなお腹をしてらっしゃった。

 

鮫島先生はポッケから名刺を取り出し

わたしに向かって軽く会釈してくださったあと

そのままわたしを通り過ぎて

当院の事務長に名刺を渡しかけた。

 

私が

「せんせ!せんせ!」と

強引に呼び止めたので

私が理事長だと気がついてくださったようであるが、

たぶん又吉だと思ってたかもしれない。

 

ともかくも

今後ともよろしくお願い申し上げます。