天体望遠鏡

ナンツッテYouTuberになって映像機器に

こっているバミュです。

iPhoneと昔の一眼レフがメインではありますが。

 

そして

今回新しい機材が!

 

いずれは

一眼レフとコラボできればいいな…。

 

子どもの誕生日に天体望遠鏡

プレゼントした。

 

わたくし

自慢では無いが空を見上げれば

のび太並みに眠気が襲ってくるので

星のことは一個も知らない。

 

当然

望遠鏡もわからない。

 

どれを買おうかと思って

ググってたどり着いたのが

ハッブルという

まあまあ性能の良さそうな望遠鏡だった。

 

置き場所の問題で

今回は購入を見合わせたが

そうなるとますますどれが良いのかわからない。

 

9年ぶりくらいに

昔の上司である星好きの

早川智 教授にメールまでしてしまった。

 

早川先生に

教えていただき

中野繁 著

「四季の天体観測」を手に入れた。

 

何十年か前の本だが

何万年の星は

そんな変わってないだろうから

いいわ。

 

ボロボロの古書みたいで

テンションあがる。

 

肝心の望遠鏡は

こちらも早川先生に丁寧に初心者用の

コスパの良い

望遠鏡を

教えていただいた。

VIXENというブランドが気に入った。

Amazonでも

確認できる。

 

 

なので

いつものように

ポチッと買おうとしていたが

例の星野富弘さんの原画額装に

ジョイフル本田を訪れたところ

なんと

そこは天体望遠鏡を扱っていた。

 

いろんな種類がある

 

 

f:id:bermudasanfujinka:20210411085458p:image

 

f:id:bermudasanfujinka:20210411085515p:image

 

Amazon

ポチるのも良いが

たまには

ずっしりとした実物を

実店舗から持って帰るのも悪くない。

 

手に取れない星空を観察する前に

天体望遠鏡の質量を感じておこう。

 

そう考えて

推薦されたものとは若干

違ったけれど

似たような品物を子供と

手に取った。

 

そうして

ハッブルには

及ばないとはいえ

狭い家のどこに

収納すんのよという

巨大な何かを

車で運ぶことになったのだ。

 

 

近い将来

単なる

大きな置物と化すのか

沼にハマって

星にのめり込んでいくのか

どちらにせよ

予算を一万円ほどオーバーした

天体望遠鏡

組立もわたくしの仕事だ。

 

 

いい季節になってきたし、

そこまで終われば

あとは

星がどこへ行けば売っているのか

教えてもらうだけである。

 

 

f:id:bermudasanfujinka:20210411090334j:image